fbpx

FXの『良い負け方』と『悪い負け方』とは

更新日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー沖縄トレード学院学院長の新里竜一です。

FXを行っていく中で、負けるつまりは損失を出すことはダメなことと認識している人が多くいるように感じます。確かに負けることは精神的ダメージが大きく、その負けを取り返したいとギャンブルトレードになってしまい大損してしまうというパターンがFXで退場していく人の特徴です。

一見すると、負けることはダメなことに感じるかもしれませんが、FXで負けることは決して悪いことではありません。というより、利益を出し続けているトレーダーでも必ず負けています。しかし、彼らは良い負け方をしているからこそ継続して利益を出し続けているのです。

今回は、FXにおける良い負け方と悪い負け方の違いについて解説します。

良い負け方とは何か

まず、良い負け方について解説します。一言で表すとするならば、「トレードルール通りの負け方」です。繰り返しになりますが、FXで継続して利益を出すためにはルール通りトレードすることが大切です。

トレードルール通りにトレードして負けたのであればそれは『正しい損失』ですし、損失を受け入れることを実践しているので、長い目で見た時に継続して利益を出せる可能性が高くなります。

また、良い負け方をすればメンタルへのダメージも最小限に抑えられるので、ギャンブルトレードになりにくくなるというメリットもあります。

悪い負け方とは何か

悪い負け方は、「計画性のない負け方」のことです。簡単に言えばギャンブルトレードによる負けです。ギャンブルトレードは、エントリーポイントや損切ポイントが決まっていないためすべて運任せエントリーすることが多く、それによる負けはいくら損切りできたとしても良い負け方ではありません。

また、ギャンブルトレードでは損失を受け入れられず、強制ロスカットになるまで塩漬けしておくケースが多いです。悪い負け方をする人の多くは、トレードルールがなく、FXの学習や検証をしていない人がほとんどであるため、パチンコやスロットをやるような感覚でFXをしてしまいます。

FXはギャンブルではなく、投資です。運任せにトレードするのではなく学習と検証を繰り返しながらトレードルールを作成して、計画的に運用していかなければいけません。

その上での損失は良い損失ですので、感情的にならずルールに従ってトレードしてみましょう。当学院では良い負け方についても教えていますので、FXを投資としてやりたい方は自己投資として学んでみてもいいのではないでしょうか。

沖縄トレード学院
学院長 新里竜一

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.