fbpx

FXで「相場に負けた」と思ったときに自覚すべきこととは

更新日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

よくFXで負けると相場が良くなかったから負けたという方がいますが、それは間違いです。厳しい言い方かもしれませんが、FX投資で負けたのはすべて本人に原因があります。負けた理由を相場のせいにしていたらいつまでたっても勝てるようにはなりません。

今回は、FXにおいて負けを受け入れることの大切さとそれが出来るとどうなるのかについて解説します。

負けを受け入れることは勝ちへの最初の一歩

FXで負けてしまうと相場のせいにしたくなる気持ちは痛いほどわかります。例えば急に価格が動いてロスカットしてしまった時や勝っていたいのに負けてしまった時などは、「自分の読みは間違っていない。相場が予想外の動きをしたからだ。」と相場のせいにしてしまいがちです。

しかし、実際は相場のせいではなく負けた原因は本人にあります。

「急激に相場が動いたとき、自分の決めたトレードルールでは損切りしなければいけないのに戻ってくると思って損切りせずにそのままにしていませんでしたか?」

「本当は利確するところで欲をかいて利益を伸ばそうとしませんでしたか?」

本当は負けを回避できたはずなのに、一時の感情に流された結果負けてしまったというケースが非常に多いです。先ほども言った通り、相場が予想外の動きをしたときこれは自分のせいではないと思う気持ちはよくわかります。

しかし、「相場は生き物」と呼ばれるように非常に流動的で予想しにくく、予想外の動きをすることは多々あります。その中で少しでも自分が有利に立ち回れるようにするためにテクニカル分析があり、自分なりのトレードルールがあるわけです。

それを相場のせいにしていたらいつまでたっても勝てるようにはなりません。ルール通りトレードして負けたのであればそれは良い負け方ですし、負けを受け入れやすくなります。

本当の負けというのは損失ではなく、自分の感情に負けてルールを破ることです。

自立した投資家になるために

FXにおいて負けの原因が自分にあると認めたら、まずはルール通りに取引できたかを確認し、ルールを破ったのであればその原因を追究してください。

もしルール通りに取引して想定以上の負けになった場合は、過去検証を行いながらルールを見直してみましょう。

自分の感情に負けず、ルールを守り、継続や改善ができれば勝ち続ける自立した投資家に近づいていると言えるでしょう。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.