fbpx

FXで9割の人が負ける理由と対策

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院学院長の新里竜一です。
FX投資は9割の人が負けているといわれる世界です。

『上がるか下がるか』の2択の世界で簡単に思われがちなFXの世界でなぜ9割の人が損失になってしまうのでしょうか。

今回は、FX投資で9割の人が負ける理由について解説します。

計画的に損切りできているか

9割の負ける人と、1割の勝つ人の大きな違いは何なのでしょうか?

それは、「計画的に損切りできているか」を意識してトレードしているからです。

プロであっても損失を出さずに利益だけを出し続けることは出来ないのが、FXの世界です。

その中でも最終的に大きな利益を積み上げられるプロや億トレーダーは、損失をいかに計画的に行って日々トレードを行っているのです。

ではどのようにすれば計画的に損切りできるのかというと、それは機械的に損切りをすることです。

人間は、損をすることを嫌がるため、損切りを機械的にするのが非常に難しく、損失が出ても見て見ぬふりをして気が付いたらロスカットになり、損失を大きくしてしまい、あとで後悔するのです。

しかし、利益に関してはすぐに決済してしまうことも多く、本当はもっと利益を狙える場面であっても慎重になってしまい、結果として小さな利益で終わってしまうことも多いのが人間の性質です。

利益に対しても損失に対しても機械的にできるようにならなければ、いつまでたっても不安定で場当たり的な取引となり、負けトレーダーのままで終わってしまいます。

特に損切りラインを当初設定していたところから上げたり、下げたりしていませんか?

損失が出た状態になると「そのうち戻ってくる」とか「これ以上は上がらないもしくは下がらないのでは」など、自分の都合がいいように考えがちですが、その場しのぎの取引です。

もし、結果的に損切りラインを変更して良い結果となれば「それが成功トレードだ」と思い込み、毎回損切りラインを変更することになります。

損失を嫌がって逃げようとするのではなく、損失を受け入れて「この損失は計画の一部か」を確認することが大切です。この確認をするためには取引条件をルール化して、過去検証を行い連敗数や想定最大損失額を明確にする必要があります。

※画像は1年で、100万円を使って60万円の利益が見込める計画のレポートです。

計画が資産を作る

結局、FXで9割の人が負ける理由は『計画』が無いからです。

「常に動いている為替相場で取引するから臨機応変に対応する」というのは耳障りは良いですが、利益になっても同じことが続けられず、損失になっても改善できないのです。

計画があれば損失は費用となり利益を積み上げるために必要なものとなります。
もし、1割の投資で資産を増やせる投資家になりたければ『計画』を作ってみてはいかがでしょうか。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.