fbpx

FX投資におけるレバレッジは借金ととらえる

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー沖縄トレード学院学院長の新里竜一です。

FX投資の魅力の一つがレバレッジではないでしょうか。少ない資金で手持ち金額の数十倍ものお金を動かすことができるのは株式投資にはない魅力です。しかし、レバレッジに対して軽い認識でいると後で痛い目にあうのでFX投資におけるレバレッジの認識について解説します。

レバレッジとは何か

まずレバレッジについて簡単に解説します。レバレッジとは、手持ち資金を「てこのはたらき」を使って何十倍もの資金にして運用できる仕組みのことです。

例えば1ドル=100円の時に100万円の資金を持っていたとします。外貨預金であれば手数料など細かな部分を考えなければ1万ドルと交換できます。しかし、FX投資ではこれにレバレッジを適用できます。

国内FX最大レバレッジ25倍を適用すれば1万ドル×25=25万ドルつまり、日本円で2500万円もの資金を動かすことができるのです。

利益も25倍になると同時に損失も25倍になるというハイリスクハイリターンな仕組みがレバレッジです。

レバレッジ=借金と認識する

レバレッジと聞けば便利な仕組みと考えがちですが、私の見解を言えばこれは借金と同じです。自分の手持ち資金以上のお金で投資をしているわけですから当然それは証券会社から借金して投資しているのと同じです。

このようにとらえることはFX投資でレバレッジと上手に向き合うためには必要な考え方です。

なぜなら、借金ととらえたほうが、リスクを感じやすく取引も慎重になるのが一般的です。
慎重な取引になれば、取引してはいけない場面で無理矢理ポジションを持つこともなくなるでしょう。相場分析や知識を身に付けることにもっと貪欲になるのではないでしょうか。

不動産投資やビジネスで借金する際は、銀行に計画書を提出する必要があります。「これから自分がやろうとしている事業は過去こういうデータがあってこういう実績があるからこれだけの資金を使えばこれだけの利益が出せる」という内容を書いて銀行側を説得する必要があるのです。

しかし、FX投資は口座開設するだけでお金を借りることができます。このことは便利の一言で片づけてしまうのはとても危険です。あとで大損に繋がりかねません。

レバレッジをただの「てこのはたらき」ととらえるのではなく、「借金」ととらえることができればギャンブルトレードなど運に頼るような無謀なトレードはなくなるはずです。

まずは、取引ルールを作りレバレッジを掛けずに最低ロットで機械的に淡々とトレードを行い、値幅を獲得できるようにし、値幅が獲得できた売買ルールに対してレバレッジを掛けて利益を狙ってください。

そうすることで、利益が見込める『計画』(売買ルール)に対してお金という資産を投じることができる真の投資家になれるのです。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.