fbpx

FXで感情的にならないコツ!一貫した取引で継続して資産を増やす

投稿日:

こんにちは。元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

当学院でお伝えしているFXによくある失敗パターンの一つとして、感情的な取引を行いその結果大きな損失を出すというものがあります。

FXではお金をかけて取引を行うため、少なからず感情は発生します。だからと言って感情に任せた取引を行えば、大きな損失を出すリスクが高くなります。

ではどのように感情をコントロールし取引を行えば良いのでしょうか?FXで失敗する原因や、感情的にならないようにするための対策などについてお伝えします。

FXで失敗する原因は感情的になること

感情のコントロールは、投資において重要な要素でFXにおいても同じことが言えます。あらゆる感情が、良くも悪くも取引に影響を及ぼします。

例えば、

・ストレスを抱えている状態の時
直前まで負けトレードが続いているときは、自分が思い描くトレードにならないことから自分では気づいていなくても、ストレスを抱えている場合があります。このような時は、適切な判断ができないことが多いです。

・喜びに溢れ感情が高まっている時
特に勝ちトレードが続き嬉しい時は気持ちも前向きで、調子が良いと感じるかもしれません。しかし、楽観的な思考の傾向になり気持ちの流れるままに取引を行っていることがあります。

・怒りに震え冷静な判断ができない時
怒りとは、FX取引では最も避けなければならない感情の状態とも言えます。
取引が上手くいかず損失を重ねてしまえば、誰でも少しは怒りが出ます。取り返したい思いからそのままトレードをすれば上手くいかないのは当然の結果です。

・悩みや不安を抱え決断が難しい時
この取引で大丈夫だろうか?なぜ、損切りを繰り返してしまうのか?利益を伸ばせなかったか?など、少しでも不安に思う時は、取引をする準備は不十分だといえます。

少し上げましたが、FXは自分のお金が増えたり減ったりするので、普通の人ほど感情的になってしまいがちです。感情的になり根拠のない取引や、度を越えたリスクを取ることが無いようにルールを守る必要があります。

しかし、ルールを守っても損失になった場合などは、感情的になりルールを守りたくなくなることもありますが、その時はルールを見直し、改善を行いましょう。

取引ルールを作成し常に一貫した取引が大切

感情のコントロールは大切ですが、お金をかけて行うことで少なからず感情は発生します。プロのトレーダーでさえもこれは同じです。

しかし感情的になりすぎてしまうと、FXで大きな損失を出してしまう可能性があります。例えば損失を取り返したい気持ちが強いことや成績を自慢したいなどの感情が発生すると、損失を出しやすくなるでしょう。

感情的な取引をしない対策として、取引ルールを作成しどの場面・状況においても作成した取引ルールを必ず守り取引を行いましょう。

取引ルールの作成には、デモトレードを利用することや仮説や検証を繰り返して戦略を立てることがおすすめです。デモトレードは、仮想資金でリスクがなく仮説を立ててみて練習トレードをするには最適な方法といえます。

また、取引の内容を記録に残すことも、後で振り返り冷静に判断ができます。手書きで簡単に残しておくのも良いですし、余裕があればExcelにまとめてみるのも良いです。

取引市場の状況や通貨ペア、取引の値(開始・終了)、またその時の思いを少し残しておくだけでも後で見返した時の大きな気づきになります。

記録に残すという、とてもシンプルな学習の機会を多くのトレーダーは取り入れていません。しかし成功しているトレーダーの多くは、これを見逃していないことも事実です。

【まとめ】
FXは取引ルールを作成しそのルールを守りながら取引を行うことが大切です。またFXではお金をかけて取引を行うため、少なからず感情が発生します。しかし感情的になりすぎると取引ルールを守れず、失敗する確率を高めてしまいます。取引前には自分が感情的で無いかどうか、自分自身に問いただしましょう。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.