fbpx

【FX】売買ルールにはこれが必要!利益を得るために必要なこととは

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

FXの取引を行う際には、自分で売買ルールを決めてそれに従って取引を行うことが重要とされています。売買ルールが定められていないと、その時の感情によって決断をしてしまい、正しい判断ができないことも想定されるからです。しかし、自分が定めた売買ルールに再現性がなかった場合にはそのルールは正しく機能しません。そこで今回は、売買ルールの再現性の有無を検証する重要性について見ていきましょう。

売買ルールの再現性とは?

再現性とは、同じ要因が発生した時に同じ結果が起こるということを指します。売買ルールを決める時には、〇が起きた時には△をするという風に決めていると思います。ただ、〇が起きた時に△が起きる可能性もあるし、□かもしれないという状態であればその売買ルールの再現性があるとは言えません。売買ルールに再現性がなければ、どれだけたくさんの量のデータを検証しても意味がないので、まずは売買ルールの再現性を考える必要があります。

再現性のある売買ルールを決める方法

では、再現性のある売買ルールを定めるためにはどのようにしたらいいのでしょうか?具体的な方法論を見ていきましょう。

ルールを決める

テクニカル指標などを使ってまずは自分なりに売買ルールを決めてみましょう。利益が見込めるかどうかはルールを作って調べなければ分かりませんので、利益よりもまずは数多くの方法を考えましょう。
例:移動平均線と価格の交差

この画像は、移動平均線と価格の交差を検証した結果です。資金が10万円で9万円の利益が出ているという結果となりました。

バックテストで検証する

自分が決めたルールに再現性があるかどうかを確かめるのはバックテストです。過去のデータを使ってバックテストを行うことによって、そのルールが再現性があるものなのかを検証することができます。より多くのデータを使ってバックテストを行えば、その信頼性も高まります。
上記の例でお伝えした移動平均線と価格は非常にポピュラーな取引です。テクニカル指標の基本的な使い方の情報はたくさんあるので、その情報を基に調べてみてください。情報を鵜呑みにするのではなく、自分で調べることが重要です。

トレードをするか検討する

バックテストで売買ルールの再現性を確認したら、実際にそのルールを使って取引を行うかどうかを検討します。このルールを使うか決めるところが最も重要です。自分が検証した結果やデータを信用することができなければ、そのデータを使って行う取引に対して不安が出てきてしまうので、感情的になってしまう可能性があります。万が一そのルールを使って取引をして損失が出てしまったとしても、納得できるかどうかを考えて選びましょう。

まとめ

FXの取引をする時に最も重要なのは、「再現性のあるルールを使用すること」です。この点が守れていないと、感情に左右された取引をしてしまい、損失が大きくなってしまう可能性があります。取引ルールを定める時には、そのルールに再現性があるのか検証してから利用するようにしましょう。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.