2021.08.03

FXの資金管理|変動ロットにするときの注意点

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

前回、FXで手法が決まった後は、資金管理を行う必要があるとお伝えしました。資金管理をおろそかにすると、1回の損失で資金が無くなり続けられなくなるリスクがありますので、まずは”続けるための資金管理”を行う必要がありますも

そして、続けることができた場合に利益を早く大きく増やすための資金管理を行ったりしますが、ここでも注意が必要です。

今回は、利益を早く大きく増やすための資金管理で上手くいかないケースについてお伝えします。

固定ロットと可変ロット

資金管理はロット(取引枚数)をどの程度に調整するかということにいきつきますが、多くの場合、常に同じロットで取引を行う固定ロットと、元本の〇%の資金をロットとするという変動ロットのどちらかを行います。変動ロットは大きく括って複利運用とも言われたりします。

例)固定ロット

投資資金100万円→ 1 lot(約100万円分)で取引
投資資金1000万円→ 1 lot(約100万円分)で取引(取引枚数を変えない)

例)可変ロット

投資資金100万円→ 1 lot(約100万円分)で取引
投資資金1000万円→ 10 lot(約1000万円分)で取引(資金がX倍ならロットもX倍)

常に同じロットで取引を行う場合は、ロット計算をする必要が無いので簡単ですが上手く取引をして資金が増えても、一定の速度でしか増えません。

変動ロットの場合は、連勝すれば大きく資金が増え、連敗すれば資金が大きく減ります。

ロット数による資産の増減を検証してみた

下記は、元本100万円で10万通貨、2021年1月1日から2021年8月2日までの間に、GBPJPYの1時間足である取引を繰り返したデータです。

●固定1.0 ロット(儲かっても損しても同じロット設定)

●変動ロット(1.0ロットスタート、資産が増えるとロットを自動で増やす設定)

勝率が低い場合は固定ロットが有利

2つの結果を比べると、固定ロットの方が利益が利益が多くなってます。固定ロットで利益が出ているので、早く大きく稼ぎたいと思って変動ロットにしようと思った場合などに注意する点があります。

それは、勝率がある程度ないと『元本の〇%の資金をロットとする』というような変動ロットは効果が無いということです。

今回は、勝率が低い場合に『元本の〇%の資金をロットとする』という資金管理を行ったケースをお伝えしました。

勝率が高い場合の比較は次回お伝えしますが、資金管理の特徴を分かっているかどうかで利益の額は大きく変わるので、早く大きく増やしたいのであれば資金管理も学ぶ必要があるのです。

沖縄トレード学院
学院長 新里竜一




【週2名限定】
FX投資入門講座 参加受付中!
投資初心者が1年で資産を15倍にした
継続して利益を得るための「FX投資の大原則」を
お伝えする大人気のマンツーマンセミナーです。
(対面・オンライン受講可能)


【詳細・開催日・申込ページ】

https://toushi-stepup.jp/one-on-one_1/
元金融機関プロ為替トレーダーから直接、マンツーマン形式で投資、FXが学べます!


卒業生のご感想投資未経験者から経験者まで、多くの方が受講されています

その他の受講生の声はこちら