fbpx

FXは損切り辞めたら勝てるのか?検証結果はこちら

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

FXの取引をしていると「損切しすぎて資金が無くなる」とい状況に直面することがあります。その時に「損切幅を大きくしよう」「損切のタイミングを遅らせてみよう」などと試行錯誤しても結局、損切となり最後には「損切しなければいい」という選択をしてしまう場合があります。

FXトレーダーなら1度は考える「損切を辞めたら勝てるのか?」について解説します。

検証結果

結論から言うと、「勝てる場合も負ける場合もある」です。自動売買を作成する際に利用しているMT4のバックテスト機能を使って検証してみました。

取引方法:RSIの70と30で売買する
条件:決済時に5pips以上の利益が出ている
通貨:ドル円
タイムフレーム:5分足

グラフは資産の推移を表していますが、右肩上がりで1度も下がっていないことが分かるかと思います。
データをみると勝率は100%ですから、損切をしていないことが分かります。

今回の検証期間は2021年の5月1日から2021年の5月26日までですが、この期間はあまり大きな動きがない相場だったので「放っておけば戻ってくる」状態で上手く利益を上げ続けることができました。

負ける場合

しかし、検証期間を本日の6月26日に伸ばしてみると下記のグラフになります。

最後の取引で大きくグラフが下がっていますが、これは含み損のポジションを保有していること表しており、いわゆる塩漬けという状態です。約1ヵ月、損失のポジションを保有し続けています。ポジションとしては、108.870でドル円を売っているため、現在のドル円価格が2円程度円高に振れないとマイナスのままです。

まとめ

今回、損切り辞めたら勝てるのか?についてお伝えしましが、答えは勝てる場合も負ける場合もあるということです。

FXの対象の為替相場は、上がるか下がるか分からない不確実性が常に存在します。その中で勝率100%を維持することは難しく、やはりどんな方法でも損失が付き物です。

結局、過去検証をおこないしっかりとした取引ルールを決めることが、損失の次に利益が来ることを信じるために必要なことなのです。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.