fbpx

FXで"最速"で損してしまう人の特徴

投稿日:

こんばんは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

FXは投資初心者でも簡単にはじめることができます。取引自体も簡単で『上がるか』『下がるか』という面もあり稼ぐのも簡単にみえます。

しかし、実際に取引してみると「気が付いたら損失が膨らんで失敗している」ことも多く、失敗の原因も分からず、取り返そうとしてまた損失する負のパターンに陥ることがあります。

なぜそうなるのでしょうか?

FXで"最速"で損してしまう人の特徴について解説します。

損してしまう人の特徴

いきなり本物の資金で取引をおこなう

操作になれる前に、いきなり本物のお金を使って取引する人は意外と多いです。当学院の受講生の中にも同じ経路をたどって損失し「これじゃダメだ」と感じて入学に至ったかたもいます。この失敗パターンは失敗するのは当たり前です。運転の免許も経験も知識も無い人が公道に出て走るのと同じです。

少額を「遊び」と言う

「少額だから本気になれない」と言うのは殆どの場合、失敗した時の言い訳です。高額なら本気になって違った取引をしていたのでしょうか?もしそうなら感情のみで取引している証拠です。

そもそも、投資資金の額で取引方法が変わる自体おかしな話です。

投資の順番は『手法』→『資金管理』→『メンタル』です。

まずは過去検証を行い、値幅が獲得が見込める取引ルールを作り、そこに資金を投入します。

【取引ルール具体例】
下記は、ボリンジャーバンドの逆張りだけを繰り返した取引結果です。(期間:2021.04~2021.06.25)※この方法が有効という意味ではありません。

資産曲線のグラフが右肩上がりですが、テスト通りに試したいなら少額、利益を求めるなら高額の資金を使うという判断になりますが、少額や高額で手法が変わる訳ではありません。

暇だから取引する

「暇だから取引をする」という人も意外と多いです。お金も時間もある人が該当することが多いですが、暇だからやって稼ぎ続けられるほど甘くはありません。何となくやると、利益→もっとほしい。損失→取り返す。となり結局、資金を失うというパターンになります。

”逆”パターンで成功に近づく

今回はFX初心者が失敗するパターンについてお伝えしました。今回のパターンの根本には「自分ならできるはずだ」という根拠の無い自信が存在します。投資は心のスキ(感情のまま)を簡単に突いてきます。

成功したいのであれば、今回お伝えした逆の考え方で「自分は弱く、できない」ぐらいの慎重な気持ちで、「できる自分になるにはどうすればいいか」を考えて、手法、資金管理、メンタルと一歩ずつ階段を登っていく必要があるのです。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.