fbpx

FXで『分かっているけどできない』の原因と対策

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

FXの取引をする際に、「分かっているけどできない」ということが意外と多くあります。

「実際に取引していれば儲かっていたのに」と後悔する場合もありますが、何故そうなるのでしょうか?

今回は、『分かっているけどできない』の原因と対策についてお伝えします。

分かっているけどできないの原因

分かっているけどできない原因はメンタルにあります。「本当にうまくいくのか」という疑問から始まりますが、損失になっても良いという意識に変える必要があります。

損失を受け入れるには

損失を受け入れるには、『計画的な損失は利益のためのステップ』と考える必要があります。

例えば、下記のようなレンジトレードの場合、青の四角の箇所で買ったものは赤で売って利益になりますが、赤の四角の箇所で売ったものは赤いゾーンでロスカットになります。

しかし、合計の値幅で考えると利益になりますので、損失を受け入れることにより次の利益が期待できると言うことができます。

ルールを明文化する

過去の値動きを検証して、利益が見込めるルールを決めたらしっかり明文化する必要があります。

明文化すべき項目

・銘柄
・タイムフレーム
・エントリー条件
・エグジット条件
・ロスカット条件

このような項目を明文化しすることにより、取引するときに迷わなくなります。

明文化してもダメな場合

この場合は、余裕資金でないか取引量が多い可能性があります。その場合、「どうしても失いたくない」という気持ちが強くなりすぎて取引に躊躇してしまいます。投資資金が本当に余裕資金なのか、ドキドキしないような取引量で取り組んでいるか確認してみてください。

以上『分かっているけどできない』について解説しました。今回お伝えしたことを意識して『分かっていることをできる』状態にすることで、継続して利益が得られる投資家に近づくはずです。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.