fbpx

FXを仲間と学ぶFX個人投資家育成コース

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。
昨日、FX個人投資家育成コースを行い、4名の受講生が参加しました。

FXは一般的にひとりで学んでひとりで実践しますが、当学院では仲間と一緒に学び実践することができます。今回は、投資を仲間と学ぶことのメリットデメリットをお伝えします。

FXを仲間と学ぶメリット

・気付かないところが気付く

仲間がいれば、自分が気づかないところを指摘してくれたり、疑問に思っていたけどそのままにしているところを解決するきっかけを得ることができます。

特にFXをはじめておこなう場合は、全てがはじめてなので『分からないところが分からない』状態ですので、仲間と学ぶことによって基本的なことを身に付けるスピードが速くなると言えます。

・報告しあうことで自制につながる
FXは自己完結する世界なので、利益になっても損失になっても誰かに何かを言われることがない自由な状態です。しかし、この自由な状態こそがFXで利益を上げることを難しくしており、何の根拠がなく感情のままに取引して損失になっても「見て見ぬふり」で次に繋がらずに終わってしまいます。

仲間がいれば、取引状況を報告することで自制心が働きます。「恥ずかしい報告をしたくない」「根拠な無いことは説明できない」などの気持ちが良い効果を生みます。

・続けられる
FXに限ったことではないですが、共有するというだけで楽しみが生まれるので、仲間がいると続けることができます。FXの場合、損失という心理的なダメージが大きい事象に直面するので、気持ちが楽になるという効果もあります。

・教えることで身に付く
よく、一番身に付く学習方法として「人に教える」ことが挙げられます。人に教えるというのは多少の責任が伴いますので、精度が必要となります。分かりやすく教えるには自分が理解している必要があり、質問されたときには違う角度から物事を考えることもできます。

FXの場合、少し理解がズレているだけで利益だったものが損失になってしまうこともありますので、自分の取引精度を高めるという意味でも、仲間に教えることで得る効果は大きいと言えます。

FXを仲間と学ぶデメリット

知識のベースとなっている情報に根拠が無い場合などは、情報だけが飛び交って混乱を招きます。FX投資家を集めただけのオンラインのコミュニティはそうなりがちです。
一緒に検証するなどをおこなうことでデメリットを解消することができますが、同じ空間にいるなどの環境が整ってないとそこに至るのは稀なことです。

環境選びは自分選び

環境によって学習のスピードや精度は変わります。集中できる環境で、同じ目的の仲間がいて、教えてくれる人がいる環境は自分の成長を継続させ、さらに加速させます。挫折せず、より早く投資で豊かな生活を送りたいのであればより良い『環境』を選んでみてはいかがでしょうか。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.