fbpx

FX投資での『自分のタイミング』の本当の意味

投稿日:

仕事として投資をしている人達を機関投資家、または職業投資家と呼んだりします。具体的には銀行や証券会社、ヘッジファンドなどです。機関投資家は、『仕事』として投資を行っているので、常に結果を求められます。

「相場が動いている、または動いてない」は関係なしに常にリターンが得られそうな市場に資金を投入しますので、常に売買をしないといけないという状態です。

ちなみに私が金融機関で為替のディーラーをしていた頃は、分単位で売買をしなければならないこともあり、肉体的にも精神的にもやられたこともありました。

一方で、個人投資家は基本的には仕事ではないので『自分のタイミング』で取引することができます。ただ、『自分のタイミング』というと誤解を生みやすいので解説を付けくわえます。

それは、自分の気持ち次第で取引したりしなかったりするのではなく、自分が決めた売買ルールに沿って取引を行うという意味です。この2つは大きく異なります。

自分の気持ちで取引を行うという事は、感情任せの取引です。「なんとなく」取引をして上手く利益が出たとしても繰り返すことができません。自分で取引ルールを決めた場合は、条件に合うまで待つ、条件に合えば取引する。ルールが決まっているので繰り返すことができ、損失になったとしてもルールを変更するという選択が残ります。

『自分のタイミング』ではなく『自分に合った売買ルール』で取引することを心がけましょう。

賢いFX投資家のGWの過ごし方

今年のGWはコロナの影響もあり、ご自宅で過ごす時間が多いのでは無いでしょうか?そんな時、「ちょっとFXでもしてみようかな」と何気なく取引するかもしれません。

上記の『自分のタイミング』の本当の意味でもお伝えしましたが、なんとなく取引しても継続的に利益を得ることは難しく、場合によっては想定外の損失を出して悶々としたGWを過ごすかもしれません。

では、どのように過ごせばいいのでしょうか?

答えは「ルール作り」です。

初心者の場合は、「3回上昇したら売ってみる」とか「〇時になったら買ってみる」とか簡単なルールから調べてみましょう。

経験者の場合は、今までの自分の取引を振り返って「なぜそこで売買したのか?」「どうやったら上手くいくのか?」を考えてみましょう。

答えはすべてチャート(値動き)にあります。「これで上手くいくかもしれない」とワクワクしながらチャートと睨めっこしましょう。

メルマガ案内

次回のセミナー案内が自動で届きます。元金融機関の為替ディーラーが正しい投資の基本をすべて公開中

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.