2018.07.06

投資はプロに預けても損することもある|自分で損して得れるもの

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー
トレード学院 学院長の新里竜一です。

昨日、日経新聞に

「投信で損失 個人の半数」という記事が載っていました。

日経新聞のサイト↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32607510U8A700C1EE9000/

資金をプロに預けて運用してもらう投資信託で、半数の方が損失になっているようです。

過度の分配金や売買手数料の影響のようですが、2012年から株式市場は上昇しているので、株がメインな投資信託ならば利益が残っても不思議ではないはずですが。

投資信託の場合はプロに運用してもらうので、「楽」かもしれませんが、自分で行う株式投資で、投資したい会社の財務状況を調べたり、FX投資で国の通貨の値動きを調べたりして得られるような「知識」や「経験」は得にくいです。

もし投資で損失になったとしても、知識や経験を次に生かすことができますので、預けるよりも自分の判断で行った方が得るものは大きいかもしれませんね。

自分で自分のお金を育てるスキルは一生ものです。

--

ブログでは書けない話は学院長メルマガにて配信中です!




【週2名限定】FX投資入門講座
参加受付中!
投資初心者が1年で資産を15倍にした
継続して利益を得るための「FX投資の大原則」を
お伝えする大人気のマンツーマンセミナーです。
(対面・オンライン受講可能)


【詳細・開催日・申込ページ】

https://toushi-stepup.jp/one-on-one_1/
元金融機関プロ為替トレーダーから直接、マンツーマン形式で投資、FXが学べます!


卒業生のご感想投資未経験者から経験者まで、多くの方が受講されています

その他の受講生の声はこちら