なぜミサイルで円が買われるの?より重要なこと

更新日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー、
沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

本日14時ごろ、ドル円が108円を割り込み、2016年11月以来の107円台に突入しました。
ドル円が下落している大きな理由はやっぱり「北朝鮮のミサイル」。

北朝鮮の建国記念日が明日に控えて、そろそろロケットが飛んでくるかもしれないという思惑から、円が買われています。

なんで日本にミサイルが飛んでくるのに円が買われるのか?という質問をよく受けますが、真相は誰にも分かりません。

ただ、下記の要因が絡んでいることは間違いありません。
・低金利の円を売って外貨を買っていた投資家が、外貨を売って円を買い戻す
・日本は海外諸国に債権(お金を貸している)をもっているので何か起きても立て直せる
・リスクイベントが発生したらいつも円が買われるから、今回も買われるだろう、という思惑からの円買い

【理由より重要なこと】
なんで円が買われるか、という理由は非常に気になることですがトレードするにおいてもっと重要なことは
「トレンド(方向性)を見極める」
 ↓
なるべくトレンドに逆らわないでトレードをする(逆らうとしてもポイントを絞る
※画像参照

今回は下落トレンドだったので、エントリーは売りから。
108円では何回か跳ね返る、下回ると勢いよく下がる。
相場の原則に沿って、取引を行いました。
(利益額は少ないですが、3万円弱あれば、誰かにディナーをごちそうすることもできますよね。)

当学院では、FX投資の基礎から応用まで、初心者の方にもわかりやすくお伝えしております。

沖縄トレード学院
学院長 新里竜一

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.