2022.05.06

FXの損失についてどう考えていますか?

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー沖縄トレード学院学院長の新里竜一です。
FX投資家の多くは損失について悪だと考えている人が多いように感じますが、そんなことはありません。それよりも大切なことは損失がどのような経緯で出てしまったのかという『過程』です。

今回は、結果よりも過程について考える必要があることについて解説します。

損失を出してしまった経緯について考えよう

損失自体は実際に資産が減っているわけですから決していいものではありません。しかし、それよりも考えなければいけないのは、損失がどのような経緯で出てしまったのかということです。

例えば、適当に予想して勘だけで取引した結果損失が出てしまった場合と、取引ルールに沿って取引した結果損失を出してしまった場合とではどちらの損失を受け入れることができるでしょうか。
おそらく2番目のルールに沿って取引した結果損失が出てしまった場合のほうが受け入れることが出来るはずです。

なぜなら、計画的に出してしまった損失だからです。あらかじめ決めてあった取引ルールに沿ってロジック通りエントリーしたものの、ロジックが当てはまらず予想と逆方向に価格が動いてしまい損切りポイントまで価格が動いてしまったので損切りしたのであれば取引自体に問題はありません。

しかし、勘に任せたギャンブルトレードをした結果損失を出してしまったのであれば話は別です。ギャンブルトレードをしている時点でFXは止めるべきです。FXは投資でありギャンブルではありません。FXについてしっかりと学んでいても、取引ルールに沿って取引していても損失が出てしまう厳しい世界で何もせず利益だけを狙うことはできません。

このようにFXの損失自体にフォーカスしてそれを悪だと決めるのではなく、その結果が出るまでの過程をしっかり見ることが大切です。これは言い換えれば利益が出ているからと言ってそれがギャンブルトレードで得た利益であれば意味がないということです。

つまり、損失や利益など取引の結果を気にするよりもそこに至った経緯について反省し改善していく必要があるのです。その際、独学でやっていくのは難しいので知識のある人の力を借りながらFXスキルを身に付けていってみてください。そうすれば今の自分に足りないものは何なのか、どう改善していけば損失を減らして継続的に利益を積み上げていくことが出来るのかを効率よく見つけていくことが出来ますので現状に満足できていないのであれば誰かの力を借りてみるのもいいのではないでしょうか。

沖縄トレード学院
学院長 新里竜一

--

ブログでは書けない話は学院長メルマガにて配信中です!




【週2名限定】FX投資入門講座
参加受付中!
投資初心者が1年で資産を15倍にした
継続して利益を得るための「FX投資の大原則」を
お伝えする大人気のマンツーマンセミナーです。
(対面・オンライン受講可能)


【詳細・開催日・申込ページ】

https://toushi-stepup.jp/one-on-one_1/
元金融機関プロ為替トレーダーから直接、マンツーマン形式で投資、FXが学べます!


卒業生のご感想投資未経験者から経験者まで、多くの方が受講されています

その他の受講生の声はこちら