2022.04.14

FXの利益にも悪いものがあることを知っていましたか

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー沖縄トレード学院学院長の新里竜一です。

私は、よく損失について「良い損失であれば損失が出ていても心配する必要はない」ということを伝えています。そのため、損失に関しての意識が変わっていく人は多く見られるのですが、利益にも良し悪しがあることを意識している人は少ないです。

どんな形であれ利益が出てしまえば気にせず流してしまう人が多いですが、その利益が良い利益だったのか、悪い利益だったのかを分析することも次回以降の取引に大きく影響します。そこで今回は、悪い利益について解説します。

悪い利益とは?

悪い利益とは、無計画で感情任せに出した利益のことです。これは運よく得た利益と言ってもいいです。しっかりと分析して取引ルールに沿って取引した利益であれば、本当の自分の実力で得た利益であるため何の問題もないのですが、たまたま取引した結果、利益が出てしまった場合など不本意な形で得た利益は悪い利益になります。

悪い利益を出してそれに慢心して取引を続けていると、どこかのタイミングで必ず大損します。そのため利益を出しているからといって自分の実力を過信してはいけません。たまたま運よく出た利益に関しては、「これは悪い利益だから根拠のある取引をして、続けられるようにしよう」と自分に言い聞かせるようにしてください。

そして、取引ルールがないのであればデモ環境で過去検証をしながら作ってそれに沿って取引できるよう日々FXに励んでいきましょう。また、取引ルールはあるけどそれを無視して得た利益に関しても悪い利益と考えて、取引ルールに沿った取引が出来るようにしてください。

精度の高いルールを作るには

ルールを作る際に効果的なのは『誰かにみてもらう』ということです。誰かにみてもらうには説明する必要があり、説明する過程でルールの精度や曖昧さが分かります。
また、知識や経験がある人からアドバイスを貰い、精度を高めたり手法の数を増やすことも可能です。独りだとどうしても自分に都合の良い解釈をしてしまうことがあります。

FXでの良い利益とは「計画的」であり悪い利益とは「感情的」なものです。

利益自体は嬉しいことですが、その利益の出し方がどうであったかを常に反省しながら取引を繰り返して良い利益、良い損失を出せるようにFXスキルを身に付けてみてはいかがでしょうか。

沖縄トレード学院
学院長 新里竜一

--

ブログでは書けない話は学院長メルマガにて配信中です!




【週2名限定】FX投資入門講座
参加受付中!
投資初心者が1年で資産を15倍にした
継続して利益を得るための「FX投資の大原則」を
お伝えする大人気のマンツーマンセミナーです。
(対面・オンライン受講可能)


【詳細・開催日・申込ページ】

https://toushi-stepup.jp/one-on-one_1/
元金融機関プロ為替トレーダーから直接、マンツーマン形式で投資、FXが学べます!


卒業生のご感想投資未経験者から経験者まで、多くの方が受講されています

その他の受講生の声はこちら