FX投資のヒント ブログ

FX個人投資家は社長と同じ?

投稿日:

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー 沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

今回は、FX投資の魅力の1つであるレバレッジについて。

レバレッジって何ですか?という質問に対して『てこの原理』という答えが多いのですがこれだとイメージしにくい、、ですよね?

FX投資のレバレッジを簡単に言うと「借金」です。
FX会社に頭金を入れて借金をして投資を行うということです。

『借金をして投資をする』と聞くとすごくリスクが高く聞こえますが、強制的に最初に入れた頭金以上の損失が出ないようなシステムになってます。

システムとリスクを理解して取引を行えば少額で大きな利益を得ることも可能です。

個人投資家は社長と同じ

FX投資のレバレッジを使うのは簡単に言うと借金とお伝えしました。

このレバレッジがあり、『誰でも』『どこでも』『いつでも』取引できるのがFX投資の魅力ですが、その反面、手軽さゆえに「お金を借りている」という実感が無く、なんとなく取引して殆どの方が損失してしまいます。

「お金を借りて」何かをする。それは起業と同じです。

私は昔、融資の話を聞くために日本政策金融公庫に行ったことがあります。

金融公庫からお金を借りるためには「創業計画書」というものが必要で、ざっくり言うと、しっかり計画を立てないとお金は借りれないということです。

しかし、FX投資では取引の計画が無くても、口座開設の簡単な審査さえ通ってしまえば『誰でもお金を借りる』(レバレッジを使う)ことができます。

お金を借りて何かをするには計画が不可欠です。

社長になって、しっかり計画を立てて『経営』するという気持ちで取り組むとFX投資から継続して利益を得られるかもしれません。

-FX投資のヒント, ブログ

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.