FXで朝6時に取引きするときの注意点

更新日:

こんにちは、元金融機関の為替ディーラー、沖縄トレード学院 学院長の新里竜一です。

今日の早朝、北朝鮮がミサイルを打ちました。
北朝鮮がミサイルを発射した時間帯は、ニューヨークの株式市場が終わり、FX会社に為替レートを供給している銀行がメンテナンスに入る時間帯です。
その時間帯は他の時間帯に比べて取引きが少ないため、今回みたいなニュースが出たときは大きく動きます。
(2011年の2月。ちょうど同じ時間帯にドル円が80円を割れて76円という歴史的安値に下落しました。)

しかも、スプレッド(売り値と買い値の差額)も大きく開くため、通常よりも気をつけて取引きをしなければなりません。
注意点
・ロット(取引量)を小さく
・損切注文を新規注文と同時にいれる(今回はトレーリングストップ使用)

今回、注意しながら、小さい取引き量で取引きして、2時間程度で4万円の利益になりました。

利益は少額ですが、いつもよりちょっと贅沢なランチやディナーができますし、何より、1日が儲けで始まるという気持ちがいいですよね。

沖縄トレード学院では、今回のような時間帯別の特徴など、基本的なことから、コンピューターを使った「自動売買」まで
幅広くお伝えしております。
初心者から経験者まで、ご興味のある方はfacebookにてメッセージお願いします^^

セミナー案内

受講を検討されている方へ

当学院は、投資に対する考え方やカリキュラム等について納得していただいたうえでのご案内という趣旨で、当学院の受講料等の詳細については、セミナーへのご参加者のみにお伝えしております。下記のリンクよりご確認お願い致します。

-FX投資のヒント, ブログ, 学院長の投資記事

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.