元金融機関のプロ為替ディーラーがおすすめする国内・海外FX業者

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー、沖縄トレード学院、学院長の新里竜一です。私がおすすめする国内・海外のFX業者をご紹介致します。

おすすめの国内FX業者

GMOクリック証券

GMOクリック証券

デモトレード環境:有り
システムの安定性:安定的
スプレッド:大相場でも比較的安定的
取り扱い通貨ペア:19
スワップ:普通
最小通貨単位:1万通貨
学院長のひとこと:迷っているのでしたらGMOFXを選べば無難です。使いやすく、スプレッドも安定的なので支持されており、取引量は世界第1位です。

DMMFX

DMM FX

デモトレード環境:有り
システムの安定性:安定的
スプレッド:大相場では少し広がります
取り扱い通貨ペア:20
スワップ:普通
最小通貨単位:1万通貨
学院長のひとこと:取引通信簿というサービスがあるので、自分の取引を振り返るのに便利です。

SBIFX

SBIFXトレード

デモトレード環境:無し
システムの安定性:安定的
スプレッド:1万通貨まではドル円o.27銭
取り扱い通貨ペア:20
スワップ:普通
最小通貨単位:1ドル
学院長のひとこと:少額のリアルトレード向き。1ドルから取引でき、1万通貨までのスプレッドは安定的です。


※クリックすると拡大します。

おすすめの海外FX業者

XMtrading.com

ハイスピードで稼ぐ「海外FX」を始めるには最高の会社。
レバレッジは25倍の国内とは違い、超強力なレバレッジ888倍。

もちろんMT4による自動売買も可能。日経225CFDなど、FX以外の取引銘柄でチャンスも多い。日本語サポートも充実。日本人スタッフがリアルタイムで口座開設をサポートしてくれます。

ただし、
レバレッジが高い → 儲けも損失も大きい
海外FX → 万が一、FX会社が倒産した場合は資金が返ってこないことも。

ハイリスク、ハイリターンを狙う「自己管理」ができる方のみ、お勧めします。

・海外FX業者の特徴

海外FX業者は、なんといってもレバレッジの高さが魅力です。
国内FX業者だと、ドル円を取引するのに4、5万円は必要ですが海外FX業者は数百円あれば取引ができます。

また、MT4(メタトレーダー4)による自動売買を使えるところが多いので、自動売買トレーダーにとっては現実的な選択肢となります。

デメリットはスプレッドの広さ(基本的には1回あたりの手数料が国内より高い)と信用力が国内より劣るところです。

海外のマイナーな業者を選んでしまうと、出金拒否の可能性もありますので、より業者を選別する必要があります。(今の時代、SNSが発達しており悪評は一瞬で広がるため、出金拒否の可能性は限りなく低いですが念のため)

自動売買VPS

お名前デスクトップクラウド for FX

FX自動売買に最適

GMOクリック証券と同様のGMOグループのVPSサービスです。VPSには安価な海外のサービスがありますが、日本語対応できず、手続きやサポートがスムーズでは無い場合もあります。GMOのVPSは国内のサービスなのですべて日本語対応。システム系の会社なので安定的に稼働します。

XMに入金する為のクレジットカード

エポスカード

XMに入金する際には、手数料や手間を考慮するとクレジットカードがおすすめです。ただ、すべてのカードが使えるという訳ではありません。エポスカードはスムーズに使うことが可能です。

※注意事項
1.時間の経過とともに、FX会社のサービスは変わっていきます。最終的にはFX会社等のホームページをご覧の上、詳細の確認をお願い致します。
2.転載、転用を固く禁じます。
3.当ページの情報による損失等の責任は一切負いかねます。

更新日:

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.