元金融機関のプロ為替ディーラーがおすすめする国内・海外FX業者

こんにちは、元金融機関のプロ為替ディーラー、沖縄トレード学院、学院長の新里竜一です。私がおすすめする国内・海外のFX業者をご紹介致します。

おすすめの国内FX業者

システム系に強いFX業者

GMOクリック証券

GMOクリック証券

DMMFX
DMM FX

投資情報に強いFX業者

SBIFX
SBIFXトレード

外為どっとコム
http://www.gaitame.com/

【MT4が使える国内FX業者】
楽天証券

【国内FX業者の特徴】

国内FX業者は、投資情報に強い業者と、システムに強い業者に分かれております。

投資情報に強いFX業者➡金融機関でディーラーを行っていた方が独立したケースが多い。

システムに強い業者➡システム系に強い方が方が独立したケースが多い。

傾向としては、情報系とシステム系の両方に口座を開設して、お互いの良いところを上手く使って取引している方が多いです。

また、国内FX業者の魅力として「スプレッドの狭さ」があります。
(ざっくり言うと1回あたりの手数料と考えていただければ良いです。)
スプレッドが狭いので、海外FX業者と比べて少しの値動きで利益になります。

デメリットとしては、世界で最も使われているMT4(メタトレーダー4)による自動売買ができないところが多いです。

おすすめの海外FX業者


ハイスピードで稼ぐ「海外FX」を始めるには最高の会社。
レバレッジは25倍の国内とは違い、超強力なレバレッジ888倍。

もちろんMT4による自動売買も可能。日経225CFDなど、FX以外の取引銘柄でチャンスも多い。日本語サポートも充実。日本人スタッフがリアルタイムで口座開設をサポートしてくれます。

ただし、
レバレッジが高い → 儲けも損失も大きい
海外FX → 万が一、FX会社が倒産した場合は資金が返ってこないことも。

ハイリスク、ハイリターンを狙う「自己管理」ができる方のみ、お勧めします。

・海外FX業者の特徴

海外FX業者は、なんといってもレバレッジの高さが魅力です。
国内FX業者だと、ドル円を取引するのに4、5万円は必要ですが
海外FX業者は数百円あれば取引ができます。

また、MT4(メタトレーダー4)による自動売買を使えるところが多いので
自動売買トレーダーにとっては現実的な選択肢となります。

デメリットはスプレッドの広さ(基本的には1回あたりの手数料が国内より高い)と
信用力が国内より劣るところです。

海外のマイナーな業者を選んでしまうと、出金拒否の可能性もありますので
より業者を選別する必要があります。(今の時代、SNSが発達しており
悪評は一瞬で広がるため、出金拒否の可能性は限りなく低いですが念のため)

・XMへの入金に使えるクレジットカード
エポスカードがおすすめです。VISA

・自動売買VPS
FX自動売買に最適

更新日:

Copyright© 沖縄トレード学院 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.